ハイメル リフォーム事業部

工場・倉庫・店舗・専門のリフォームです。
建造物補修、設備機器補修交換、管轄当局申請折衝、
クレーン、リフト、キュービクル等の保守点検交換
信頼できる下請け大工さん工務店と提携しています。

トップページ


猪瀬直樹さんの維新改革spiritsに乾杯、

猪瀬直樹 作家、元東京都知事 2020年07月08日 ? 前回は都知事の小池氏について触れました。今回はコロナ禍における安倍首相をトップとする国家の最高意思決定についてどこに問題があるのか、説き起こしました。 安倍首相は官僚に「忖度」させるぐらいだから、よほど官僚をコントロールできているのではないかとふつうなら思ってしまいやすい。しかし、実際には官僚の作文をプロンプターを見ながら滑舌の悪い発音で読み上げるだけでしかないことがわかってしまいました。 平時でならそれで済むかもしれないが、コロナ禍はある意味では戦争と同じ緊急事態です。そこでは強いリーダーシップが発揮されねばなりません。 日本では「公」を官僚が独占しています。これは独特な日本の歴史がもたらしたものです。 ドイツの文化大臣は、アーティストやクリエイター、独自で多様なメディア、こそが「生命維持のために不可欠な存在」と言い切って、真っ先に給付金を支給した。なぜならアフターコロナの未知の社会を設計するのは彼らだからです。「公」を担うのは役人ではない。 ところが日本は行政機構が肥大化してシンクタンクさえ兼ねている。本来なら、アーティストやクリエイター、独自で多様なメディアが「公」であり、「クリエティブな人びと」がビジョンをつくり、その下請けが行政機構であるはずなのだ。 日本はいつから「公」を失ったのか。どう「公」を再構築したらよいのか。コロナ禍の意思決定を検証しながら、あえて『公』という一文字のタイトルで「私」の国、日本に欠けている概念を考察してみました。 【追記】このインタビューは『公』の内容に基づくもので、単なる批判ではありません。解決の糸口を導くソリューションジャーナリズムを目指したものです。

世界覇権ラストチャンス 6G NTT&NEC

ラストチャンスで覇権握れるか ファーウェイ排除を追い風に | NHKニュース 頑張ろう〜ー日本政府、日本人、日本企業、 《 iモード全盛の頃、世界を席巻出来ると信じて、弊社もリモート放映番組をNTTと組んで実現していた25年前が懐かしい》 / 大阪・関西万博が開かれる2025年までに集中的に開発に取り組み、「未来の社会像」を世界に示すことなどが盛り込まれた。5Gで日本が遅れをとっていることへの危機感から、次の通信規格では安全な通信網として日本が世界をリードすることを最重要項目と位置づける。 「従来の『まず国内を固め、その後に海外へ』という発想から脱却し、最初から世界で活用されることを前提とした取り組みを行うこととする」との文言に、その意気込みが表れている。 ?https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012499661000.html?

東京アラームはいずこへ………

小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機 日刊ゲンダイ 西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。 「基準をなくすということは、合格点を教えないようなもの。都民は何を目指して頑張ればいいのか。結局、小池知事は客観的な数字に縛られずに、フリーハンドを持ちたいのでしょう。恣意的な政策が可能ですからね。しかし、感染症対策はサイエンス。独裁ではうまくいきません」 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/275371 #日刊ゲンダイDIGITAL?

これ面白そう

これは楽しさ倍増かも………(o^^o) / 年内に、アップル 、iPhoneのホーム画面を刷新へ−翻訳アプリ追加 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-22/QCCFZRT0AFBI01 @businessより?

大阪は沸騰し始めた( ^ω^ )

大阪府、PRライブを無料配信へ 芸術支援、矢井田瞳さんら出演:東京新聞 TOKYO Web 《有言実行の維新^ ^》 大阪府は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた文化芸術活動の支援を目的として創設し、無観客公演のインターネット配信費用を補助する制度のPRライブを7日午後4時から開催すると発表した。矢井田瞳さんら3組が出演する。公演の場所は非公開とし、特設ホームページで無料生配信する。 2月にクラスター(感染者集団)が発生した大阪市のライブハウス4店舗のうち、辞退した1店舗を除く3店舗が共同で今回の配信事業を受託。4店舗は府の要請に応じて店舗名を公表するなど早期収束に協力した。 矢井田さんは大阪のライブハウスから巣立ったアーティストとして知られる。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/33121?

新型コロナ以降の世界

門田隆将氏tweetに同感。もはや両者に妥協点が見出せる段階は超えた。 『 今日は5月末。遂に世界の感染者が累計600万人を超えた。中南米やロシアで感染爆発し、僅か10日で100万人増加。死者は36万8000人で、米の約10万4000、英の約3万8000が続く。米英直撃の惨禍と3月に「世界は中国に感謝せよ」と言ってのけた中国。もはや両者に妥協点が見出せる段階は越えた。世界が渾沌。』 /? 世界の感染者600万人超 10日で100万人増―新型コロナ:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2020053100080&g=int @jijicomより?  米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の日本時間5月31日の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者は累計で600万人を超えた。21日に500万人を超えてから10日で100万人増加した。中南米やロシアで感染拡大が深刻化している。  米国が約177万人と最多で、ブラジルが約50万人、ロシアも40万人に迫る。英国は27万人超、スペインやイタリアも23万人台に上っている。  世界全体の死者は36万8000人を超えた。米国が約10万4000人で、英国の約3万8000人、イタリアの約3万人3000人が続く。ブラジル、フランスでも約2万9000人が亡くなった。

好事魔多し

総理が1月23日国会で公言約束した水際作戦も大失敗して、クルーズ船対策も支離滅裂、PCR検査市中感染状況把握せず、オリンピック死守、。でも、次の対応で失敗したなら、庶民の戦死のみならず公務員官僚も国家も死滅します??頑張って下さい、西村大臣加藤大臣も。 各国と新型コロナ対策連携 中国けん制のねらいも 防衛相 | NHKニュース 5月7日 4時14分 中国軍は先月、空母「遼寧」を沖縄本島と宮古島の間の海域を初めて往復させ、南シナ海で訓練を行うなど、活発に活動していて、河野防衛大臣は「感染対策をやっていこうという、国際的な思いに沿ったものとは言い難い」と

あたりまえだが最善最高の対策

?慶應義塾大病院の無自覚無症状一般入院患者のPCR検査で、6%市中感染推定、市中感染予測で1000人中60人が感染済み、現状国内感染死亡率が3%と推定して、1000人中1.8人死亡?、100人の人と会えば6人感染者、 ?感染者の呼気を吸い込まない、感染者の触った物に触れない、?努力こそが普通の生活を呼び戻す。と私は思う。その結果、感染者が減少し薬も出来てワクチンも出来、征圧完了。 『ソーシャルディスタンス』 社会距離拡大戦略 は、感染症の拡散を停止または減速させることを目的とした、医薬品を使わない感染抑制のための手段である。社会距離を置く目的は、感染症のある人と感染していない人との接触の可能性を減らし、病気の伝染、罹患率、そして最終的には死亡率を最小限にすることである

安倍政権も必死ですが、武漢封鎖の時がターニングポイント

時は今、、我が国の最高指揮官の安倍総理が会見中ですが、、悪いのは総理ではない。戦後75年、危機管理も含めた憲法改正すら放置してきた有権者全国民の、お任せ民主主義そのものです。本日の安倍総理の会見が敗戦の直前謝罪のように聴こえてくるのが悲しい…大阪頑張れ??即刻ブロックダウンすべし?? / 今後、死者数は急速に増えていく。“崩壊前夜”の日本の医療では感染爆発に耐えられない WHO上級顧問・渋谷健司氏緊急提言「いまこそ日本全国ロックダウンを」 #新型コロナ #医療崩壊 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/37301?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink

COVID19と戦うために

山中伸弥教授による新型コロナウイルス情報発信  2020年4月9日 飛沫やエアロゾルでのウイルス検出とマスクの効果 Leung et al, Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks. Nature Medicine 4月3日オンライン版 (内容) コロナウイルス(新型コロナウイルスではなく、通常の風邪の原因となるコロナウイルス)、インフルエンザウイルス、もしくはライノウイルス(風邪の原因で一番多いウイルス)に感染した患者さんに協力してもらい、マスクをしない群とマスクをする群の2つに分け、30分間、呼気を採取し直径5μM以上の飛沫と、それ未満のエアロゾルに分取。それぞれのウイルス量を測定した。その結果、マスクをしていない場合、各ウイルスに感染した患者の約1/3で飛沫やエアロゾルでウイルスが検出された。ライノウイルス感染者のエアロゾルでは2人に1人の割合でウイルスが検出された。マスクをした場合、コロナウイルス感染者においては、飛沫とエアロゾルでウイルスは検出されなかった。インフルエンザ感染者の飛沫のおいてもマスク着用群ではウイルスが検出されなかった。しかし、インフルエンザ感染者のエアロゾル、ライノウイルス感染者の飛沫やエアロゾルにおいては、マスクの効果は認められなかった。 (コメント) 実際の患者の協力で、マスクの効果を科学的に解析した貴重な研究。患者の飛沫やエアロゾル内のウイルスが検出され、飛沫感染やエアロゾル感染の可能性が指示された。一方で、患者の2/3では飛沫やエアロゾルでウイルスが検出されず、他人への感染性は患者により異なる可能性が示唆される。コロナウイルス感染者では、マスクにより飛沫やエアロゾルへのウイルス排出が抑制できることが示唆された。本研究は普通感冒の原因のコロナウイルスが対象であるが、新型コロナウイルスにおいても、マスクの同様の効果が期待できる可能性がある。 https://www.nature.com/articles/s41591-020-0843-2#Tab2
1 / 16 >>

このページの先頭へ